バナー

これだけある中古住宅のメリット

一国一城の主として、自分の家族の持ち家を手に入れたいですが、新築物件より、中古住宅を購入するケースがここ数年で増えています。

中古住宅のメリットといえば金銭面しか思いつかない人が多いですが、それだけではないメリットが中古住宅にはあります。

教えて!gooの有益な情報をお届けします。

まず、購入後にリフォームをしても新築物件より安く抑えられる点です。

築年数にもよりますが、中古物件の価格はだいたい新築物件の6割程度と言われています。



リフォーム代金は1000万いかない程度でだいたいはできるので、中古住宅とリフォームをセットにしても、新築物件より安く抑えられる計算となります。

これなら、自分の理想の部屋を作ることができますし、それでいて費用を節約することができます。


築年数が古い物件はかなり値段を安く抑えられ、耐震工事やリフォームなどによってこちらも長く住むことができます。

国もこうした中古住宅の購入やリフォーム工事に対して支援を検討しており、物件の取得やリフォームにかかる税金の優遇や、これらの費用に関するローンの普及も現在検討が進められており、住宅購入時にかかる税金や登記に必要な税金の優遇が先んじて始まっています。


年々中古物件、リフォーム市場の需要が右肩上がりとなっており、新築物件以上に今勢いを見せています。

住宅購入をフィナンシャルプランナーに相談の情報探しををお手伝いします。

自分が思う理想的な住まいをもし手にしたいのであれば、中古の住宅を購入し、リフォームすることで夢にまで見たマイホームを手に入れることをおすすめします。